もっと絵本を読んであげれば良かった…

双子が小さい頃は、毎日帰ってから寝かしつけるまでが戦争のようでした。

保育士という職業が邪魔をして

「なんとか早く寝かさないと!!」

と必死でした。

旦那と私、それぞれ一人ずつ背中をトントンして寝かしつけます。

旦那が担当する子が早く寝て、旦那が部屋から出て行くのを見送ることが多く。

保育士なのに寝かしつけで負けた…と敗北感を味わう私(笑)

遅れながら部屋から脱出し、翌日の準備をして私も眠ります。

それから数年後。

小学校の入学を控え「我が子あんまり字が読めないな」と思いました。

入学してからも、音読にかなり苦労しました。

国語の教科書に、文節ごとに区切りの線を書いたこともあります。

区切ってもたどたどしい読み方…改善が見られず長く悩みました。

音読に困っているのと同じ頃、保育園で、絵本についての講演を聞く機会がありました。

その方は、絵本を読むのに上手い下手はあまり関係ありません。

子どもにとって身近な人が繰り返し読むことが大切。

絵本を好きになると、読解力、想像力も育ちます。

と言われているのを聞いて

「我が子にはもっと絵本を読むべきだった」

と反省しました。

保育士をしていても、我が子の子育てに悩むこともあるし、失敗もします。

でも、諦めずに向き合っていきたいなぁー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.