実は冬のいちごが甘い!いちご狩りの時期はいつがおすすめ?2019年関西のいちご狩り情報

子連れでお出かけ【神戸・明石近辺】

雑誌を本屋さんで見ていると、いちご狩り特集の文字が!
まだ娘たちを連れて行ったことがありませんが、いちごが大好きなので、連れて行きたいなと思っています。

いちご狩りって春のちょっと前から始まるイメージだったんですが、冬からやっているのが意外でした。
一番おいしい時期のいちごを食べさせてあげるならいつが良いのか、どんないちごを選べば良いのかなど調べてみました!

スポンサーリンク

いちごの旬は?

11月から出回りはじめ、5月頃までがシーズンとされています。
本来の旬は4~5月ですが、温室、ビニールハウスなどの施設を用いて栽培されることが多くなったため、1~3月がピークです。
また、クリスマスケーキの需要があるため、一番出荷量が多いのは12月後半だそうです。

スポンサーリンク

一番甘い時期

意外だったんですが、最も甘い時期は冬なんです。

なぜなら、いちごは果実が実ってから、収穫されるまでの日数が長ければ長いほど甘くなります。
この、収穫されるまでの日数は、気温が低く、寒ければ寒いほど長くなります。
そのため1月~2月が一番美味しいと言われるそうです。

スポンサーリンク

いちご狩りにおすすめの時期や時間帯

 

もちろんオススメは、一番甘い時期の1月~2月。
3月でもまだまだ甘くておいしいですが、春休みになるので、予約が取りにくくなっています。
春になり温かくなればなるほど、ハウスの光熱費が下がるせいか、料金は少しずつ下がる農園もあります。

オススメの時間帯は午前中です。
先に来た人が大きくて甘い苺から取っていってしまいます。
予約不要の農園であれば、赤い実がある程度取られたら、その日は終了になる可能性があるので早めに行くことがオススメです。

スポンサーリンク

いちご狩りが始まる時期

地域によって始まる時期は異なってきます。
関西では1月から開園するところが多いようですね。

スポンサーリンク

おいしいいちごの見分け方

  1. ヘタが反り返っているもの。
  2. 果皮(いちごの種のところ)のツブツブがはっきりしているもの。
  3. 赤い色の濃淡は品種によって異なるので、一概に色が濃いものでは良いというものでなく、色が均一で鮮やかなもの。
  4. 小粒なものより、大きいものの方が甘い。
スポンサーリンク

いちご狩りを楽しむための準備

予約
→生育状況や曜日によってはやっていないこともあるので、事前に必ずチェックの電話を入れた方が安心です。

荷物
→リュックや肩から掛けれるバッグなど、両手が使えるようにしましょう。

服装
→ハウスの中はあったかいので、上着が脱げる格好がオススメです。蜂がいることもあるので、黒い服は避けた方が良いです。


→立ったりしゃがんだりするので、歩きやすい靴がGood!

ウェットティッシュ
→大人も子供も手が汚れたらすぐ拭けるようにポケットに入れておきましょう。

トイレ
→いちごの90%以上が水分です。時間制限があるいちご農園がほとんどですので、途中で出るのはもったいない!先に済ませておきましょう。

スポンサーリンク

気になっている関西のいちご狩り農園

 

二郎農園(にろうのうえん)
神戸市北区に11農園あります

平成31年度は1月12日(土)からプレオープンです!(入園時間:30分間)
☆プレオープン中は土日のみ開園

事前予約:要(※月・木曜はいちご狩りの電話予約受付休み)
駐車場:あり

 

大沢農園(おおぞうのうえん)
神戸市北区に6農園あります

平成31年度は1月12日(土)からプレオープンです!(入園時間:30分間)

事前予約:
駐車場:あり

 

ここは大阪ですが・・・

いちご畑はる

■平成31年は1月5日が開園予定日(受付開始日は12月1日)

☆私が気になる特徴 
1.いちごだけでなく、ケーキやドリンクなども無料で楽しめるサービスを取り入れた『カフェスタイル』(入園時間 60分)
2.バリアフリー対応しているため、車いす・ベビーカーOK。トイレにおむつ交換台もあります。

事前予約:
駐車場:あり(40台)

 

コメント