ベリーダンスは痩せる?痩せない?お腹痩せしてくびれが欲しい!

ベリーダンスダイエット

お友達とのお話の中で「私ベリーダンスやっているよ。」と言うと、必ずと言っていいほど聞かれることの一つ。

「ベリーダンスして痩せた??」

ベリーダンスのダイエット本やDVDも販売されているので、”ダイエット効果がある”というイメージがあるんでしょうね。

実際に私もベリーダンスをして、引き締まって欲しいところが痩せました!

私の実体験として、どこがどんな風に痩せたかどうか紹介したいなと思います。

スポンサーリンク

ベリーダンスとお腹痩せ

お腹を見せる衣装が多い事から、ベリーダンスで一番痩せる部位のイメージではないでしょうか。

私は、産後に再開した時が一番、お腹(下腹)が痩せたことを実感しました。

授乳が終わってからも食欲が衰えず、お腹周りが大変なことに( ;∀;)
しかも、赤ちゃんを抱っこする姿勢って、前かがみになってることが多いから、腹筋が完全に緩んじゃってました。

お腹痩せに効いたのは、

・正しい姿勢でいること
・お腹の筋肉を使うムーブメント

正しい姿勢は、お腹に力を入れて骨盤を立てるので、猫背や反り腰改善にも役立ちます。

ベリーロールツイストなど、お腹の筋肉に力を入れたり抜いたりすることを繰り返すことで、下腹やウエストのくびれに効果があったと思います。

正しい姿勢でいることは、レッスン中だけでなく、日常生活から取り入れられます♪

 

スポンサーリンク

ベリーダンスと二の腕痩せ

二の腕痩せに効いたのは、

・スネークアーム
・基礎練中の腕のポジション
・ベールワーク

両手を胸の横あたりに広げておくポジションって、短時間だとなんてことないんですが、長時間やってるとキツくなってきます(>_<)

ベールを持って踊るときは、キレイに見えるようにより腕の筋肉が使われるので、腕がシェイプされますよ。

スネークアームは肩甲骨も動くので、肩回りのコリもスッキリ!

スポンサーリンク

ベリーダンスと脚痩せ・ヒップアップ

ベリーダンスの特徴的な腰の動きは、実は膝の曲げ伸ばしなどの脚の動きによるものが大きいです。

脚痩せとヒップアップに効いたのは、

・ヒップシミー
・正しい姿勢

ヒップシミーはお腹を波打たせる動きですが、膝を左右交互に速く動かすので太ももの筋肉が鍛えられます。
リンパの流れが悪くてふくらはぎがむくんでいる時も、身体全体に振動が伝わるシミーは循環させてくれる感じがする!

正しい姿勢は、姿勢が綺麗になるのでヒップアップ効果も見込めます。

スポンサーリンク

ベリーダンスは痩せる?まとめ

ベリーダンスダイエットの良いところは、長時間でも音楽に合わせて気持ち良く続けられること!

家でも好きな音楽をかけながら、無理なく続けられます♪

産後、下腹は出るし、猫背で体型が崩れちゃっていましたが、

・今は目に見えて下腹のお肉は減った
・正しい姿勢のおかげで胸の位置も上がって、上半身もスッキリ

もうちょっとお腹痩せしたいな、という気持ちはありますが、
「キツいダイエットをしているつもりはないのに、自然に落ちてる」って感じです。

脂肪が全くないスリムな体というよりは、”健康的な女性らしい身体”に近づけるダンスだと思います(*´ω`*)

レッスン着だけでなく、発表会やショーなどの衣装を着る機会が近いと、「見せる」ということも意識されてより引き締まっていきそう!

 

コメント