現代のベリーダンスの母Badia Masabni(バディア・マサブニ)とは?

ベリーダンス基礎知識

世界最古の踊りと呼ばれるベリーダンスですが、もともと踊られていたものは、現代のショーで見るものと違って、洗練されたものではありませんでした。

現代へ続くベリーダンス(オリエンタルダンス)の歴史を知る上で、必ず出てくる名前がBadia Masabni(バディア・マサブニ)。

スポンサーリンク

Badia Masabni(バディア・マサブニ)とは?

Badia Masabni(バディア・マサブニ)は、1892年にレバノン人の父親とシリア人の母親の間に生まれました。7人兄弟のうちの1人で、出身はオスマン帝国(レバノン)。

父親は石鹸づくりの事業を営んでいましたが、父親が他界して息子が家業を継ぐと財政状況は悪化。工場も火事で焼失し、若いころは大変な経験をしていたようです( ;∀;)

Badiaの写真が英語版のwikipedia にありました。

スポンサーリンク

最初のナイトクラブ

小さい頃から歌と踊りが好きだったバディア。
17歳の時にエジプトのカイロへ移り住み、1926年に最初のナイトクラブをオープンさせます。

ここでは最初、男性歌手とBadiaのみが所属していました。
彼女は歌・演技・ダンス・振付ができるエンターテナーでしたが、ダンサーがショーに登場するのは1年後のことです。

オープンの翌年に、数人の歌手と数人のダンサーを追加します。

ダンサーは、レイラ、シャフィカ、アフランザ・ハネム(当時有名なトルコのダンサー)がいました。
中でも、アフランザ・ハネムは、バディア最初のスターダンサーになった女性です。

Badiaのクラブは革新的で、すぐに人気になりました。

最初は、有名なダンサーを連れてきていたんですね。

スポンサーリンク

Badiaのナイトクラブ

Badiaはその後も次々と、ナイトクラブやカジノをオープンさせます。

カジノとは、ギャンブル施設ではなく、シーティングエリア・屋外ガーデン・カフェを備えた場所。

壮大な海の景色を望むオーシャンビューのお店で、カフェとガーデンエリアがありました。
なんとも贅沢な空間ですね!

次々に成功をおさめていくBadiaは、1930年に伝説的なナイトクラブ「Casino Opera」をスタートさせます。

スポンサーリンク

ナイトクラブOpera Casino

Badiaはやり手の経営者で、客層は富裕層のエジプト人や外国人。大繁盛していたそうです。

黄金時代を築き上げたダンサーたちの多くが、Opera Casino出身のダンサー。
例えば、ターイヤ・カリオカ、サミア・ガマル、ナイーマ・アケフなど。

当時ナイトクラブでは、ダンサーをソロで踊らせることはなかったのですが、Badiaは目を引く子を選抜して、ソロとして躍らせるようにしました。

ソロとなったダンサーは、映画にも出演するスターになります。
当然、エジプトやその周辺諸国のダンサーたちは、Badiaのクラブのダンサーになりたがりますよね!

Badiaは、このクラブでダンススクールも運営し、ダンサーを自らの手で訓練していました。
それだけでなく、当時の著名なインストラクターや振付師を雇い、様々なジャンルのダンスのトレーニングも担当させていたそうです。

Badiaの新しいアイディアに、観衆は夢中になりました。

・土着要素の強かったダンスに、他のジャンルのダンスを取り入れて洗練させた
・即興ではなく振付をする
・ベールやシャマダンなどの小道具

・欧米文化を取り入れた華やかな衣装

Badiaのダンススタイルは「ラクス・シャルキー(東欧の踊り」の名前を得て、現在に続くベリーダンスのスタイルを作りあげました。

ブラベルトのセパレートの衣装もここから

スパンコールやフリンジで装飾された、華やかなセパレートタイプの衣装。
今ではすっかり当たり前になっていますが、これもBadiaのナイトクラブ発祥です。

参考にしたHP

http://www.shira.net/about/badia-lady-and-clubs.htm

コメント